クラリスロマイシンの後発品(ジェネリックを)お手軽入手

クラリスロマイシンの後発品はどんな種類がある?

クラリスロマイシンは1970年代大正製薬によってつくられ、その後1991年アメリカのアボット社より市販された抗生物質の1つです。発売から20年以上の歴史がありますので複数の後発品(ジェネリック医薬品)が既に発売されています。

 

後発品は、先発医薬品・新薬(今回はクラリスロマイシン)と同じ成分・効き目であると認められた薬品です。新薬のデータが既にありますから、開発や試験に関する費用を大幅にカットしてその分販売価格を下げられるのです。使う側からすればクラリスロマイシンと同じ効果の薬を低コストで手に入れられますので大歓迎です。

 

クラリスロマイシンの後発品を安く手に入れるには?

クラリスロマイシンの後発品を手に入れる方法は2つありますので、それぞれ解説していきます。

 

個人輸入代行を利用する

クラリスロマイシンの後発品は海外でなら市販されています。こういった薬品は個人輸入できるのですが、手続きなどが面倒です。

 

海外からの取り寄せに手続きや書類が多く必要なのはあたりまえです。ですが、そうなると安く買える代わりに多くの作業をしなければなりません。そういった差後湯を代行してくれるのが個人輸入代行です。個人輸入代行を利用すればネット通販のような気軽さで個人輸入を利用できます。

 

下記は個人輸入代行を使って購入できるクラリスロマイシンの後発品です。

 

クラシッドMR

アメリカのAbbott社によるクラリスロマイシンジェネリック医薬品です。価格は500mg1錠あたりは245円ほどですから安くつきます。

 

コストを削りたいならこちらです。

成分 容量 価格
クラリスロマイシン 500mg 7錠 約1700円

 

シンクラー

インドのCipla社によるクラリスロマイシンのジェネリック医薬品です。価格は1錠あたり359円と上記の商品と比べるとやや割高です。

成分 容量 価格
クラリスロマイシン 500mg 4錠 約1400円

 

カリチン

Europharm Laboratories社によるクラリスロマイシンのジェネリック医薬品です。現在は取り扱いを終了している業者が多くなっています。

成分 容量 価格
クラリスロマイシン 250mg 14錠 -

 

 

 

同じ商品であっても、為替レートや使う個人輸入代行業者によって価格は変化します。どこの業者を使うか次第で値段は大きく変わるのでどちらを使うかは重要な問題です。参考までにクラシッドMRの価格を業者別にランキング形式でまとめましたので参考にしてみて下さい。

 

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
245円(激安No1!) 無料 オオサカ堂 詳細
400円 無料 ヘルシーダック 詳細
727円 無料 TOP 詳細

 

最安はオオサカ堂であるとわかります。送料も無料となっていますのでオオサカ堂を利用すれば大きくコストカットできるでしょう。

 

国内で手に入れたいなら

もしも、国内で手に入れたいのであれば病院で処方してもらう以外に方法はありません。

 

例として処方可能なクラリスロマイシン200mgの後発品には以下のようなものがあります。

 

医薬品名 薬価差額(先発品との差額) メーカー
クラリスロマイシン錠200mg「CH」 43.9円 日本ジェネリック
クラリスロマイシン錠200mg「サワイ」 43.9円 沢井
クラリスロマイシン錠200mg「サンド」 43.9円 サンド
クラリスロマイシン錠200mg「タイヨー」 43.9円 武田
クラリスロマイシン錠200mg「日医工」 43.9円 日医工
クラリスロマイシン錠200mg「マイラン」 43.9円 マイラン
クラリスロマイシン錠200mg「タナベ」 43.9円 田辺(販)
クラリスロマイシン錠200mg「NP」 43.9円 ニプロ
クラリスロマイシン錠200mg「杏林」 43.9円 杏林

 

一般的に成人の1日量は400mgですので1日87.8円、1か月で2500円以上のコストカットにつながります。

 

クラリスロマイシン後発品利用によるリスク

クラリスロマイシンは後発品を個人輸入や処方で入手すれば費用を削減できます。しかし気をつけなければならないポイントもあります。

 

個人輸入で後発品は簡単に手に入りますが、簡単すぎるがために扱いが適当になりがちです。「どうせすぐ手に入るし、効き目を上げたいから大量服用しよう」などというのはもってのほかです。クラリスロマイシンは国内での入手には医師の診察が必要な薬品です。取り扱いには細心の注意を払うようにして下さい。そうしなければ強い副作用が出てしまうでしょう。

 

処方を受ける場合の注意としてはきちんと「後発品が欲しい」という旨をはっきり伝えるようにして下さい。効果が一緒なんだし安い方を出して当然、という訳にはいきません。何も言わないでいれば後発品よりも先発品が処方されるケースの方が圧倒的に多いですから、はっきり伝えるようにして下さい。

 

クラリスロマイシンはこういう薬

クラリスロマイシンは抗菌作用が幅広いので多くの細菌に作用する抗生物質になりますから年齢を問わずに使われる事が多いです。
抗生物質としましてはマクロライド系抗生物質に分類されまして、病原細菌のタンパク合成を阻害してくれます。

 

クラリスロマイシンはマクロライド系抗生物質の代表的な薬になりますからさまざまな症状に使われます。
例えば、呼吸器感染症、皮膚感染症、骨盤内炎症性疾患、子宮頸管炎、中耳炎、ヘリコバクターピロキ菌の除菌、外傷の二次感染予防といったものに使用されます。

 

さまざまな感染症に使われますので小さなお子さんも服用されまして、通常の錠剤とは別にドライシロップタイプの薬も用意されています。
飲み方は1日2回決められた量を服用する形となり、お子さんの場合はさらに分けて飲む場合があります。

 

気になるクラリスロマイシンの副作用になりますが、さまざまな年代が飲む薬なので比較的副作用は少ないです。
胃痛、吐き気、胃の不快感、下痢といった副作用が稀にでる事がありますが安全性は高いです。
もし服用後に違和感を感じたり、いつもと違った症状がでた場合は医師に相談する必要があり、過去に同じ系統の抗生物質でアレルギーが出た事がある方は事前に申し出るようにしてください。


http://www.modaepidemic.com/ http://www.proxygratuit.biz/ http://wahdah.net/ http://billystroyhillbistro.com/